いびきが夫婦関係を悪化させる?

 

 

 

「いびきストップ完全マニュアル」のご購入者は、

 

ご自分のいびきを心配されている方はもちろん

 

ご主人や奥様など、パートナーのイビキや『睡眠時無呼吸症候群』を心配して

 

ご購入になっている方も非常に多いんです。

 

いびきは、パートナーにも少なからぬ精神的・肉体的な被害をもたらしています。

 

 

 

 

いびきが夫婦喧嘩を多くする

 

 

「睡眠不足だと、なんとなく落ち着かなかったり、イライラする・・・」
これは誰しも経験的に理解できるところではないでしょうか。

 

 

 

イビキの場合・・・

 

 

●自分自身が、深い眠りを得られない

 

●パートナーの睡眠も阻害する

 

 

 

つまり、夫婦・家族全体が睡眠不足のストレスにさらされることになります。

 

「いびき」が夫婦喧嘩の原因?

特に、こうしたストレスは女性に強く作用して

 

夫婦喧嘩は、妻の睡眠が足らなかった翌日に発生しているケースが
非常に多いということが、学術的にも裏付けられているのだそうです。

 

 

その原因とされているのが「セロトニン」の不足。

 

セロトニンとは、脳内の神経伝達物質のひとつなのですが、
精神の安定に大きな役割を果たしているものです。

 

日中に太陽光線を浴びたり、ゆったくりとスポーツなどをすることで
セロトニンは生成されますが、

 

睡眠不足の翌日は、どうしてもそうした屋外活動が億劫になって
セロトニンが充分な量生成されない可能性が高くなります。

 

 

つまり・・・

 

 

睡眠不足⇒運動不足⇒セロトニン不足⇒イライラ⇒夫婦喧嘩が増える

 

 

という図式になります。

 

 

ということは、逆に考えれば

 

夫婦そろって充分な睡眠が取れれば夫婦関係を
良好なものに保てるの可能性は高くなりますし

 

 

いびきの解消によって自分はもちろん、
パートナーもゆっくり眠れる環境を作ってあげることは、
お互いの愛情を深めることにもなりますね。

 

 

 

実際に「いびきストップ完全マニュアル」を実践された方の多くが

 

夫婦関係の改善を実感なさっているといいます。