いびきの種類

 

 

 

いびきのタイプは、医学的には3つにのタイプに分類されています。

 

【いびきストップ完全マニュアル】は、これらのどの症状にも適応するように作られています。

 

 

 

 

「単純いびき症」

 

「単純いびき」は、病理的なものが原因となっていない
通常のいびきで、いわば「寝息」の延長上にあるものと考えていいでしょう。

 

ただ、寝ている間にいびきをかいているということは
呼吸がしづらい状況にあることは間違いなく、何らかの原因は疑われます。

 

例えば一時的な疲れや飲酒ななど原因でならば大きな心配はないが
慢性的に続くようであれば耳鼻科などを受診し、原因を知っておくことも大事。

 

 

 

「上気道抵抗症候群」

 

 

「上気道抵抗症候群」は、睡眠中に無呼吸症状はないものの、
上気道のが何らかの理由で圧迫されているために呼吸がしづらくなり
なんとか気道を確保しようとして夜中に何度も目が覚めてしまう状態をいいます。

 

深刻な低酸素血症を引き起こすことは考えにくいのですが、
十分に熟睡できないために日中も眠気に教われることが多々あります。

 

正確な原因はまだ解明されていませんが、
脳血管障害や心疾患、糖尿病など重篤な症状の前兆も疑われるので、
注意は必要な状態といえます。

 

 

 

 

「睡眠時無呼吸症候群」

 

睡眠時に断続的に呼吸が停止する危険な状態です。

 

呼吸がしばらく止まった後に、急に呼吸が再度始まるのときに非常に大きないびきをかくことになります。
「睡眠時無呼吸症候群」のいびきは重症化すると、居眠り運転など日常生活にも大きな影響を及ぼすので、
早期に専門的治療をうけることが必要といわれている。